クレジットカードのレシート破棄法)クレカのレシート処分の方法

レシートの所持義務はあるのか??解答について述べると保管する必要性は特段ないと思います。オメガ(OMEGA)腕時計

個人によっては保管することによって自身が会計した履歴をとっておきたいと考える場合保管しておけばよいことだし、もしもそんな証跡は必要ないと考える場合には残す必要はないです。メールレディ グラン

しかしながら毎月郵送されてくる利用履歴との照合にはもれなくこのレシートが不可欠なのです。コンブチャクレンズ

明細レシートをそこまでは最低限保管していないと、どこのショップで何日にどれだけ利用したかということについて不明になることだけではなく、間違えの他二重請求についての照合すらすることができないので危ないです。コディナ アロエジェル

おそらくクレジットカードを使った金額はレシートを保存していないと覚えておくことはできないはずです。マイクレ

使用履歴が来る1ヶ月・2ヶ月程度の期間は厳重に所持したい。サクナサク

クレジットカードのレシート破棄法)クレカのレシート処分の方法はシンプル。恋人や親しい友人からお金を借りるのはおすすめしません

不正な使用をされないよう、できるだけ細かく破って破棄するだけで大丈夫なのである簡単な裁断機等が自宅にある際には念のため利用するのが良いでしょう。

なにせクレジットの履歴を証明する利用レシートであるがゆえカードナンバーなど個人の情報について判別できるデータが多く記載されているのです。

所詮利用レシートとは思わず注意を払って行うべきです。

一方、最近は安全対策の意味で利用レシートにクレジットNoといった個人情報が表記されていない明細レシートも出てはいるが安全と思い込むことは禁物でしょう。