ほかのクレジットカード

列車等の乗車券の類を多量に購入してしまうこと:クレジットカード現金化を使用しないで利用者自身が換金目的にてクレジット購入をすることであっても同様。80-2-28

現金に変える方法を目的としているカードの使い方については、カードの契約条項違反と見做されてしまうためだからです。80-16-28

たくさんの新幹線の乗車券や切手購入におけるクレジットカード利用は、最悪現金化する目的ではないか??などという風に目をつけられる可能性が考え得るため十分な注意するべきです。80-5-28

さらに言うと、使用時にキャシング額がいっぱいになっている方の場合、新幹線の切符を決済しようとすることだけで発行会社の係から確認が入るということもあるので資金がない時のカード決済については不可能になっていると思われます。80-8-28

資金に困っている場合において考えることは誰でも、同様なのでしょう。80-17-28

カードの会社の立場からみて都合の悪い使用をすること:以前に流行していた『永久不滅』であったりクレジットカードの発行会社に対して利益になることのない不当な決済を行うとカード会社側から強制退会させられてしまう事例があります。80-13-28

Webに出回った購入ポイントの不正な搾取のような知れ渡っていない秘密のやり方なんていうがある場合でもそんなやり方というものは間違えなくクレジットのルールに反する行為になるから行わないようにしないほうがいいです。80-7-28

失効となった契約情報は他のカード会社へ流れる>クレジットカードを強制没収させられてしまったとしても、ほかのクレジットカードを利用できるのだから、少しくらい大したことないのではないか??と考えたあなた、この時代の情報社会にあってはその思考が信用を消失する危険があるでしょう。80-14-28

なぜかと言うと、そもそも没収扱いとなるようなケースの場合となると、クレジットカードの発行会社によって確認可能な個人情報というものへ強制退会の内容が登録されてしまうからあなたの社会的信用というものが大きく下がる場合があるからです。80-12-28

契約している1枚ですら強制失効となってしまうと他社のクレジットカードでも作りにくくなってしまうようですし、さらに他に持っているクレジットさえも失効扱いになるケースもあるのです。80-15-28

それは免れてそのまま使用できる場合でも使用期限切れとともに自動退会となることもあります。

何度も言いましたが強制失効という扱いになってしまうほどの使用はまずなさることのないよう、規約を守ってご利用頂きたいと願います。