www.kleingartenjp.net
クレーム対応のコツは、話を右から左に受け流すことです。適度なタイミングで相槌を打っておけば、何とか乗り切る事が可能です。まともに聞いていたら、一日何十件のクレームをこなす関係上、精神が持ちませんし、なにより疲れます。ですので、クレーム対処は、自分の中に、別の自分を作るのが重要です。そちら側に負担をすべて押し付けてしまえば、自分の心は守られるといった寸法です。クレームのほとんどは、中身のないストレスを発散したいだけのもので、時にはいたずらで、ただ話をしたいだけといったふざけたものまで、さまざまです。そういったものは、基本的に聞いている風を装って対処するのが重要です。ただし、本当に重大なクレームの場合は、しっかり対処する必要があります。例えば、電化製品から発火したとか、電源が入らないとか、そういった製品に直接かかわり、かつ会社の信用を左右するような内容のクレームの場合は、きちんと誠意ある対応が必要です。